beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州遠征最終戦でゴールの広島MF松本泰志「自信を持って帰れる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜MF松本泰志

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 MF松本泰志(昌平高→広島)はフィールドプレーヤーで唯一のJリーガーとして欧州遠征に参加。左サイドの主軸として戦い、最終戦でゴールを決めたMFが日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、松本コメント

●MF松本泰志
―5位決定戦はラストプレーでゴール。黒田監督からは投入前に声を掛けられていたが?
「僕が入れば(ピッチ上の11人)全員3年生だったんですよ。僕出れば『全員3年生だから頑張って来い』と送り出されました」

―ゴールまではチャンスらしいチャンスもなかった。
「本当1本の、(常盤)悠からの良いクロスが入ってきて、7分間の中で点を獲れたのは良かったと思います」

―ラストプレーでヘディングシュート。頭でのゴールは印象に無いが。
「久しぶりっすね。いつ入れたか覚えていないですね」

―自分自身にとっても待望のゴールだった。
「ゴールを決めて、やっぱり自信を持って帰れると思うし、あと、次の広島での新しいスタートとして良い形でスタートできるんじゃないかなと思います

―改めて、高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「みんなとプレーでは合わないことがたくさんあったりして、ピッチ外のところでもたくさんコミュニケーションを取ったりして、プレーとか合わせるのは本当に難しかったんですけど、日に日に合うようになったりしてきて、戦術も理解できるようになってきて、そういう面では経験したことのないような戦術などだったので、かなり成長できたのかなと思っています」

―今回の欧州遠征の経験を今後どう活かしていきたい?
「ここではコミュニケーションの取り方だったり、外国のことをたくさん学んだので、広島でもこの経験を活かしてもっともっと上に行けたらいいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ



TOP