beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デュッセルドルフ国際ベストDF賞受賞。世界で認められたCB阿部海大「対人の部分では負けなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF阿部海大はデュッセルドルフ国際ユース大会のベストDF賞を受賞

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 CB阿部海大(東福岡高3年)は全5試合に先発出場。5試合でわずか1失点の日本高校選抜の守備の要を担ったDFは、5位にもかかわらず、大会のベストDF賞に選出された。その阿部が日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、阿部コメント

●DF阿部海大
―大会ベストDF賞に選出されました。
「個人として賞をもらえたことは嬉しかったんですけど、1失点して決勝トーナメントへ行けなかったことに関してはやっぱり悔しい。チームの結果が出て、個人の結果がついて来ると一番嬉しいんですけど……」

―どの部分が評価されたと思う?
「対人の部分だと思います。身体をぶつけたら負けることはなかったし、めっちゃ獲れていたのでそういうところだと思います。対人の部分では負けなかったと思います」

―守備の中心として欠かせない存在だった。
「最初のプレーにしたら全然芝にも慣れて、プレーも安定してきたと思うんですけど、まだまだ代表とかで戦っていく上ではもっと強く行って、奪う守備をしないといけないので、それは課題です」

―高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「このチームは決勝トーナメントでも戦えたチームだと思うんですけれど、DFラインのひとつのミスでやられてしまうというサッカーの厳しさ、スポーツの難しさを感じましたね」

―今回の欧州遠征の経験を今後どう活かしていきたい?
「海外でも対人とかは通用すると分かったので。あと高校選抜のサッカーをみんなが100パーセントできたら強いと思うので、PAに入れさせない守備だったり、ポケットに入れさせない守備だったりというのをヒガシでも守備のリーダーとして伝えていきたいと思っています」

―全国のストライカーにとって狙われる立場に。
「この遠征でも(安藤)瑞季がいたし、瑞季は大分にいた時から仲がいいので全国の舞台でも戦いたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ



TOP