beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本高校選抜にサッカーの厳しさ伝え、勝たせたFC東京GK廣末陸は「貴重な経験」を新たな力に

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で新たな経験を積んだGK廣末陸

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 昨季、青森山田高にプレミアリーグ、全国高校選手権の2冠をもたらしたGK廣末陸(青森山田高→FC東京)はデュッセルドルフ国際ユース大会でもチームを勝たせるプレー。プロの厳しさをチームメートに伝えながら戦った守護神が、日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、廣末コメント

●GK 廣末陸
―高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「勝負の厳しさという意味では、失点は結局大会を通じて1失点しかしていないんですけど、その1失点がこのように大きく順位に影響してきた。そういうところのしたたかさだったりが、やっぱり僕たちはまだ足りなかったかなと思いました」

―メッセージとして伝えていた1プレー1プレーの厳しさ、それが勝敗を分けてしまうという部分が実際に起きてしまう。
「チームとしても、もっと危機感を持ってやらないといけなかったと思うんですけれども、どこかで心の緩みというものがあったのかなと思います」

―青森山田の名を背負って戦うのは今回が一つの区切り。改めてどのような高校生活だった?
「一言で言うと充実していたという感じで、こうやってヨーロッパの遠征も経験させてもらって、自分を大きく成長させてもらった高校生活だったと思います」

―FC東京でも階段を上って行くだけだと思うが、今回の欧州遠征の経験を今後どう活かしていきたい?
「世界との差を肌でしっかりと感じましたし、そういうものを常に日頃から意識してトレーニングできれば自分の成長にも繋がると思うので、この貴重な経験を無駄にすることなく、これからもサッカーを続けて行きたいなと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ



TOP