beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クラシコで退場のS・ラモス「審判に不満を言い続けたピケは結果を手にした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシコで一発退場となったレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス

 23日のリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。この試合で一発退場となったDFセルヒオ・ラモスは、判定が不当なものであったとの見解を示している。

 この試合の77分、FWリオネル・メッシをスライディングタックルで倒したとして、レッドカードで退場となったS・ラモス。試合後にミックスゾーンに姿を現したレアル・マドリーのキャプテンは、そのプレーが退場には値しなかったとの見解を示している。

「大袈裟な判定だ。自分の理解するところでは、あれはレッドではなくイエローカードだ。アフタータックルで、接触はなかった。相手選手に打撃を与える意図があったわけじゃない。あの場面が勝敗を分けることになってしまった」

 S・ラモスはピッチを後にする際に、DFジェラール・ピケに向けてジェスチャーとともに「今、話してみろよ」と口にしていた。

「彼らは違う形でフットボールを解釈していて、いつも審判について話している。おそらく、その結果が出たと言うことじゃないかな。僕たちが審判について話すことはない。それはレアル・マドリーのスタイルじゃないんだ。退場したときには、審判ではなくピケに話しかけた。彼は審判について話すのが大好きだから」

「ピケは審判がマドリーに対して寛大だと言っていたが、審判が寛大だったのはあのパリSG戦にほかならない。ピケには、あれだけツイッターで不満を言って、あれだけプレッシャーを与えていれば、そりゃ意見も通ると言っていたんだよ」


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP