beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今年も青森山田のGKに注目。努力で積み重ねてきた“廣末の後継者”坪がV候補対決勝利に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定感高いプレーを見せていた青森山田高GK坪歩夢。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[7.30 総体2回戦 東福岡高 1-3 青森山田高 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Bグラウンド]

 今年も青森山田高の背番号1のプレーが光っている。昨年度まで3年間に渡って青森山田のゴールを守り、昨年度選手権、プレミアリーグの2冠へ導いたGK廣末陸(現FC東京)が卒業。大型GK飯田雅浩(2年)らとの競争となったポジション争いを制し、現在、安定感高いプレーを見せているのが左利きのGK坪歩夢(3年)だ。

 この日対戦した東福岡高はクロスの精度が非常に高く、今大会初戦でも5得点を叩き出しているチーム。坪はクロスがゴールへ向かって来るボールなのか、外へ逃げていくボールなのかを見極めながら的確な対応を見せていく。そしてスペースへのボールに対してはゴールから大きく飛び出してクリア。シュートがDFに当たってコースが変わるという不運があり、1失点してしまったものの、坪は最後方での精度の高いプレーでチームに安心感を与えながら、大声でチームを鼓舞し続けてV候補対決勝利に貢献した。

「自分の持ち味は背後やクロスへの飛び出しなので、きょうはそこが出たかなと思います」と自己評価した坪は、「チームとしてはきょう失点してしまったんですけど、このあとはゼロで行きたいですし、個人としてはミスのないプレーと、積極的にどんどん出て安定感をもたらしていきたい」と意気込んだ。

 まだまだ偉大な先輩には及ばない部分が多いかもしれない。身長は廣末よりも小柄な177cmで廣末のような強烈なキックも持っていない。好守を見せていたこの日もミスがゼロだった訳ではない。それでも、以前、廣末が練習時間外までに及ぶ努力を認めるコメントをしていたGK坪。その守護神は自分の特長を伸ばし、課題を改善し、この日は大久保隆一郎GKコーチからも指摘されているという立ち姿で相手を威圧するような“オーラ”を醸し出していた。

 昨年度のチームから最も比較されるであろうGKのポジション。だが重圧の中で成長し、身に付けてきた自信もある。「(廣末)陸さんと色々と比較されるので。自分としてはまだまだ足りないところもあるんですけど、練習して努力を積み重ねてきたからここに今、スタメンとして立っていると思う。去年の先輩たちの成し遂げられなかったのがこのインターハイの優勝なので、優勝してプレミア、選手権に繋げられたらいい」。“廣末の後継者”は昨年度の先輩たちが唯一獲得できなかったタイトルを獲得して、青森山田の守護神としての自信を深め、また成長を加速させる。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2017

TOP