beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

右サイドで脅威となった法大SB武藤友樹「決勝は勝てばいい、合格です!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームで勝ち取った優勝を喜んだ武藤

[9.10 第41回総理大臣杯全日本大学トーナメント決勝 明治大0-1法政大 長居]

 笑顔が溢れた。35年ぶりに夏の大学日本一決定戦で頂点に立った法政大のSB武藤友樹(4年=八千代高)は「全国大会の決勝という雰囲気ははじめての経験で難しかったですけど、決勝は勝てばいいと思うので合格です!」と微笑んだ。

 準決勝・筑波大戦では指揮官から「羽がついているんじゃないかというくらい」と称えられるパフォーマンスで決勝点も挙げたSB。明治大との決勝ではなかなか見せ場をつくることはできず。カウンターの場面では縦へ急ぐあまりに前のめりになり、決定機演出とはいかなかった。それでも要所でボールを奪っては相手にとって嫌な存在となっていたのは間違いない。

 この日は後半31分に途中交代。プロ入りを目指す4年生DFにとって、決勝の大舞台ではアピールとなるアシストや得点など、“数字”が欲しかったかと思いきや、「自分たちはチームでやっているので、チームが勝てばいい。なのでそこはいいです」と気にするそぶりも見せず。心の底から、チーム全体で得た日本一を喜んだ。

 夏の全国大会を終え、すぐに関東大学1部・後期リーグが始まる。自身の進路を勝ち取るためにも、今後はリーグ戦でより一層コンスタントな活躍が求められる。総理大臣杯優勝の勢いをリーグ戦へ。

 武藤は「やっぱり優勝したからには、どこの大学も後期リーグでは自分たちを倒そうとやってくると思うので、そこに負けないようにやっていきたいです」と力強く意気込んでいた。

(取材・文 片岡涼)
●第41回総理大臣杯特集

TOP