beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮代意地のPK弾も…U-17日本代表、フランスの“大砲”に屈し1勝1敗で第3戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-17日本代表は1-2で敗戦

[10.11 U-17W杯インド2017 E組第2戦 日本1-2フランス]

 U-17W杯インド2017の第2戦が11日に行われ、U-17日本代表はインド・グワハティーのインディラ・ガンディー陸上競技場でU-17フランス代表と対戦し、1-2で敗れた。フランスは2連勝。U-17日本代表は1勝1敗で第3戦ニューカレドニア戦に臨む。

 日本は8日の第1戦ホンジュラス戦(6-1)から2人を入れ替え、MF奥野耕平(G大阪ユース)とDF馬場晴也(東京Vユース)の2人が先発入り。4-4-2のフォーメーションで、GKは谷晃生(G大阪ユース)、最終ラインは初先発となる馬場がDF小林友希(神戸U-18)とセンターバックを組み、DF菅原由勢(名古屋U-18)が右SB、MF喜田陽(C大阪U-18)が左SBに入った。福岡に代わって先発した奥野はMF平川怜(FC東京U-18)とダブルボランチ。前線のユニットは変更なく、2列目は右にFW中村敬斗(三菱養和SCユース)、左にMF上月壮一郎(京都U-18)が入り、FW久保建英(FC東京U-18)とFW宮代大聖(川崎F U-18)がツートップを形成した。

 日本は立ち上がりからフランスの“大砲”9番のFWアミン・グイリ(リヨン)に苦戦し、立て続けに決定的なシュートを浴びる。守備陣は突破を止められずに後手を踏み、前半13分、カウンターから先制点を献上してしまう。ロングフィードで抜け出したグイリが馬場を振り切ってそのままエリア内に進入。右足を振り抜くと、至近距離でGK谷が右足にぶつけて防いだボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

 ボールを保持しながらもなかなか攻撃の形をつくれなかったが、後半29分、久保からのパスを受けた平川がドリブルで運び、PA手前から左足で低めのシュート。しかし、攻撃は単発でその後も守備に追われる展開が続き、グイリや10番MFマクサンス・カクレ(リヨン)の個人技からフィニッシュまで持ち込まれるが、GK谷を中心になんとか耐えしのぐ。久保や上月の果敢な突破はフランスの固いブロックに跳ね返され、セットプレーのチャンスも生かせず、0-1で前半を折り返した。

 後半開始と同時に日本は交代カードを切り、馬場に代えてDF鈴木冬一(C大阪U-18)を投入。鈴木は左サイドバックに入り、喜田は右サイドバックにシフト、菅原がセンターバックに入った。久保のドリブル突破もフランスの守備網を崩せず、攻め手を欠いた日本は後半23分、2人目の交代枠で中村を下げてFW山田寛人(C大阪U-18)をピッチに送り込んだ。

 しかし、次の1点を奪ったのはフランスだった。MFヤシン・アドゥリ(パリSG)とのワンツーから鮮やかに崩したグイリが右足で連続ゴール。0-2に突き放された日本だったが、このままでは終われない。後半27分、宮代が相手DFに倒され、PKのチャンスを獲得する。自らキッカーを務めると、右足で冷静にGKの逆を突いてゴール右隅に沈め、1点を返した。

 後半41分、日本は上月を下げて椿直起(横浜FMユース)を投入し、交代枠を使い切る。終了間際は現地インドのファンから盛大な「ニッポン」コールが湧いたが、スコアはそのまま動かず、1-2で敗戦。U-17日本代表は1勝1敗で第3戦ニューカレドニア戦に臨む。

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-17W杯インド2017特集ページ

TOP