beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手_神村学園MF濱屋悠哉「全国大会では得点王に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会優秀選手に選出されたMF濱屋悠哉(神村学園高)

 九州地域のU-16の年代において長期に渡るリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日の最終節後、閉会式で大会優秀選手5選手を発表した。

 神村学園高は最終節の逆転で2位浮上。U16全国交流大会への出場権を獲得した。リーグ得点ランキング2位タイの17得点を叩き出すなど神村学園の全国進出に貢献したMF濱屋悠哉が、大会優秀選手に選出されている。

以下、濱屋コメント
―大会を2位で終え、全国大会の出場権を獲得した。
「個人として成長できたと思うし、チームとしても全体の2位に入って全国の切符を手に入れることができたので、良かったと思います」
―最終節は苦戦したようだが?
「苦戦したんですけれども、チームのおかげで勝ちきれたので良かったです。きょうの試合は平常心が保てないところがあったんですけれども、得点に絡むことができたので良かった」
―優秀選手として評価されたのはどこだと思う?
「決定力だと思います」
―自分の武器は?
「シュートです。PA外では思い切り打って、PAの中ではGKの立ち位置を見て、決めたりしています」
―全国大会への意気込み。
「九州代表として一戦一戦頑張っていきたい。神村学園がどういうサッカーをするのか、パスサッカーを見せつけたいと思います」
―今後の目標を。
「(球蹴男児U-16リーグでは)得点王にはなれなかったんですけれども、全国大会では得点王になっていきたいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ



TOP