beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

乾は途中出場…痛恨エイバル、ホームでセルタに先勝許す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.25 コパ・デル・レイ4回戦第1戦 エイバル1-2セルタ]

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は25日に4回戦第1戦を行い、MF乾貴士が所属するエイバルセルタをホームに迎え、1-2で敗れて先勝を許した。ベンチスタートとなった乾は後半28分から途中出場したが、得点を演出することはできなかった。

 いきなり試合を動かしたのはアウェーのセルタだった。前半4分、右サイドからDFウーゴ・マージョが送ったクロスをファーサイドのDFグスタボ・カブラルがヘッドで合わせてネットを揺らし、スコアを0-1とした。だが同18分、MFダビド・フンカのクロスをニアサイドに入ったFWセルジ・エンリクがワンタッチで流し込み、エイバルが試合を振り出しに戻す。

 しかし、前半44分に左サイドからMFアンドリュー・ヒュルサガーが送ったクロスをFWヨン・グイデッティがヘディングで叩き込み、セルタが1-2とリードして前半終了のホイッスルが吹かれた。

 後半に入ると、ともに相手守備を崩し切れずに1-2からスコアが動かないまま試合が進む。すると同28分にエイバルベンチが動き、MFジョアン・ジョルダンに代わって乾がピッチへと送り込まれる。しかし、その後もエイバルに同点ゴールは生まれずに1-2で敗れた。

●海外組ガイド
●コパ・デル・レイ2017-18特集

TOP