beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリア指揮官、スウェーデンとの初戦黒星で審判に恨み節「もっと注意を払え」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンピエロ・ベントゥーラ監督が審判に不満を示した

 イタリア代表を率いるジャンピエロ・ベントゥーラ監督は、スウェーデン代表との重要な一戦を落とし、審判のジャッジに納得いかない様子だ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 イタリアは10日、ロシアW杯欧州予選プレーオフ第1戦でスウェーデンと激突。敵地で行われた試合で後半に失点すると、最後までゴールを奪い返すことはできず、0-1で敗れた。ベントゥーラ監督は「アンラッキーだった。引き分けが妥当なはずだった」と話し、試合を振り返っている。

「チャンスを作ったが、ポストに当たってしまった。不正確な結果だった。主審にはもっと注意を払ってピッチ上を見てもらいたい。サンシーロでは、今夜主審がスウェーデンの選手たちに許したことを、我々にも許してもらいたいね」

「ドローが最低限の結果だった。繰り返すが、このレベルでは主審はもっと注意するべきなんだ」

 なお、注目の第2戦は13日、ミラノで行われる。

●ロシアW杯欧州予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧
●2018W杯ロシア大会特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP