beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

エース出場停止のペルー、ニュージーランドとの大陸間PO第1戦は0-0ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルーとニュージーランドの第1戦はスコアレスドロー

[11.11 大陸間PO第1戦 ニュージーランド0-0ペルー]

 ロシアW杯の大陸間プレーオフ第1戦が11日に行われ、ニュージーランド代表(オセアニア勝者)はホームでペルー代表(南米5位)と対戦し、0-0で引き分けた。第2戦は15日にペルーのホームで開催される。

 ペルーはエースのFWパオロ・ゲレーロがドーピング検査で「異常な結果」が出たとして、国際サッカー連盟(FIFA)から30日間の出場停止処分を受けたために欠場。エース不在の中、前半7分に後方からのロングボールに走り込んだMFジェファーソン・ファルファンがPA内中央で相手DFやGKともつれながら右足を伸ばすが、無人のゴールへ向かったボールは戻ったGKがラインぎりぎりでかき出した。

 開始早々のビッグチャンスを生かせなかったペルーはその後もゴールを奪えず、スコアレスのまま試合終了。ペルーの9大会ぶり5回目、ニュージランドの2大会ぶり3回目のW杯出場を懸けた戦いは、第2戦に委ねられることになった。

●ロシアW杯各大陸予選一覧
●2018W杯ロシア大会特集ページ

TOP