beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎は5戦ぶり出番なし…レスターは先制するも追加点奪えずウエスト・ハムとドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスターは先制点をいかすことができなかった

[11.24 プレミアリーグ第13節 ウエスト・ハム1-1レスター・シティ]

 プレミアリーグ第13節が24日に行われ、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でウエスト・ハムと対戦し、1-1で引き分けた。2試合連続でベンチスタートとなった岡崎は、5試合ぶりの出番なしに終わった。

 前節マンチェスター・シティ戦(0-2)と同じメンバーを送り出したクロード・ピュエル率いるレスター。シティ戦ではMFマーク・オルブライトンを中央に置いたが、この日は2列目の右サイドで起用し、4-2-3-1のトップ下にはMFリヤド・マフレズが入った。

 レスターは立ち上がりからウエスト・ハムに押し込まれる時間が続いたが、早々に先制点を挙げる。前半8分、スローインの流れからMFウィルフレッド・エンディディのパスを左サイドで受けたFWジェイミー・バーディがPA左に侵入し、中央へ折り返す。ここに右サイドから中央へ絞っていたオルブライトンが右足でゴール左に流し込み、最初のチャンスを得点につなげた。

 1点ビハインドのウエスト・ハムは前半26分、敵陣中央やや左で獲得したFKからMFマヌエル・ランシーニがゴール前に放り込み、DFアンジェロ・オグボンナが頭で合わせる。ゴール右下とコースは悪くなかったが、GKカスパー・シュマイケルのファインセーブに遭い、同点に追いつくことはできなかった。

 その後は、互いにゴールに迫ったが、最後のところで精度を欠いてゴールネットを揺らすことができず、前半はレスターリードで折り返すと思われた。しかし前半終了間際の45分、ランシーニの左CKからMFシェイク・クヤテがヘディングシュート。これがDFダニー・シンプソンの肩に当たってゴールに吸い込まれ、ウエスト・ハムが試合を振り出しに戻した。

 後半も互いにチャンスをいかせない場面が続き、なかなかスコアが動かない。レスターは25分、マフレズを下げて最初の交代カードでDFベン・チルウェルを投入。チルウェルは2列目の左サイドに入り、オルブライトンが右サイド、トップ下にはMFデマライ・グライが入った。

 しかし、レスターは前半ほど攻撃に鋭さがなく、後半アディショナルタイム2分にFWイスラム・スリマニを入れたが、状況を変えることができなかった。一方のデイビッド・モイーズ率いるウエスト・ハムにもチャンスらしいチャンスはなく、後半は低調に終わった。試合は1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。

●プレミアリーグ2017-18特集
●海外組ガイド

TOP