beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ネイマールなし”の方が良いチーム?メッシが感じるその理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイマールがいない方が良かった?

 バルセロナFWリオネル・メッシは、今夏FWネイマールを失ったことで、戦術的な変更を余儀なくされたことを告白。しかし、以前よりも良いチームになったと感じているようだ。

 今夏のマーケットで、FWネイマ―ルはパリSGに史上最高額の2億2200万ユーロで移籍。バルセロナは、メッシやFWルイス・スアレスとともに“MSN”と恐れられた3トップの一角を失う形となった。

 しかし、エルネスト・バルベルデ新監督のもとで迎えた今シーズン、カタルーニャの雄は圧倒的な強さを発揮。2017-18シーズン開幕から18試合で無敗を維持し、13回のクリーンシート(無失点試合)を達成。リーグ戦でも11勝1分で首位を快走している。

 メッシ自身も、すでに16ゴールを上げるなど素晴らしいスタートとなっている。先日クラブとの契約を2021年まで延長したスーパースターは『マルカ』に対し、ネイマールがいなくなったことによって戦術的な変更があったと告白。それによってバランスが良くなったと話している。

「ネイマールの移籍で、僕らは戦術的な変更を余儀なくされた。最高のアタッキングセンスを持った選手を失ったけど、守備面を見れば良いことだったと思う。今のチームは、ピッチの中央が以前より堅固になった。バランスも良くなったし、守備が強くなったね」

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP