beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

MVP柏木、R・シルバの名前もない…ACL優勝の浦和、大会ベストイレブンに1人も選出されず

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズの優勝で終わったはずだが…

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は25日に決勝第2戦が埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズの10年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。しかし、27日にアジアサッカー連盟(AFC)が発表した大会ベストイレブンの中に浦和の選手は1人も入っていない。

 浦和は決勝でサウジアラビアのアルヒラルと対戦。敵地での第1戦は、1-1の引き分けに終わったものの、FWラファエル・シルバがアウェーゴールを奪っていた。そして迎えたホームでの第2戦は、終了間際の後半43分にラファエルが豪快な決勝点を決め、浦和が2戦合計2-1で優勝。大会MVPにはMF柏木陽介が選出されていた。

 しかし、AFCがACL公式ツイッター(@TheAFCCL)上で発表した大会ベストイレブンには、準優勝のアルヒラルから4人も選出されているのに対し、大会MVPの柏木を含めた浦和の選手は1人も入っていない。もちろん、決勝戦で2ゴールのラファエルや、キャプテンとしてチームを引っ張ったMF阿部勇樹、守備で奮闘したDF槙野智章らもだ。

 AFCがどういった方法で今回の大会ベストイレブンを選出し、発表したのかはわからない。だが、優勝チームから1人も入っていないベストイレブンは、本当に“ベスト”イレブンと言えるのだろうか。

 以下、AFC発表のACLベストイレブン

▼GK
ヤシル・アル・ムサイリム(アルアハリ)

▼DF
モハンメド・アルブライク(アルヒラル)
オサマ・ハウサウィ(アルヒラル)
フォン・シャオティン(広州恒大)
ホセイン・マヒニ(ペルセポリス)

▼MF
オマル・アブドゥッラフマーン(アルアイン)
パウリーニョ(広州恒大→バルセロナ)
アラン(広州恒大)
カルロス・エドゥアルド(アルヒラル)

▼FW
オマル・ハルビン(アルヒラル)
フッキ(上海上港)

●ACL2017特設ページ

TOP