beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:滝川二(兵庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫の名門、滝川二高の目標は全国4強以上だ

第96回全国高校サッカー選手権

滝川二高(兵庫)

滝川二高関連ニュース


滝川二高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 2-0 実践学園高(東京A)
2回戦 2-3 帝京大可児高(岐阜)
■出場回数
2年連続20回目
■過去の最高成績
優勝(10年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校選手権4強3回(98、02、03年度)、全国高校総体出場23回、同準優勝1回(10年)、同4強1回(87年)、全日本ユース(U-18)選手権優勝1回(06年)、同4強1回(05年)
■監督
松岡徹
■主将
FW稲田丈太郎(3年)
■今季成績
[総体](県8強)
県準々決勝 1-2 県立西宮高
[リーグ戦]
兵庫県1部リーグ優勝(14勝2分2敗)
[新人戦](県4強)
県準決勝 0-2 三田学園高
■予選成績
2回戦 3-0 神戸高
3回戦 1-1(PK4-2)神戸科学技術高
準々決勝 2-1 県立西宮高
準決勝 1-0 神戸弘陵高
決勝 1-0(延長)関西学院高
■予想布陣&都道府県予選決勝レポート
[3-4-2-1]

      長野裕次郎

  井上颯人    森田玲司
      稲田丈太郎

全聖矢           日野公貴
       朴光薫

  廣田一磨 上出直人 榧谷翔太

       樫野智哉

[レポート] 
 サイドのスペースを活用しながら攻める滝川二に対し、関西学院高はFW三島涼風(3年)を起点とした攻撃で攻め返す。滝川二は後半、5分にFW長野裕次郎(3年)、同11分にMF辻本竜(3年)を投入して攻撃を活性化。後半だけでシュート10本を放つなど押し込んだ。関西学院も無失点のまま80分間を終えて延長戦に持ち込んだが、滝川二は延長前半10分に先制点を奪う。辻本の右クロスをMF井上颯人(3年)が素晴らしいトラップから左足でゴール。この1点をDF上出直人(3年)やGK樫野智哉(3年)を中心に守った滝川二が1-0で勝ち、2連覇を達成した。

■チーム紹介
兵庫連覇。昨年度の8強を越えて4強以上へ
 MF金崎夢生(現鹿島)らを擁して6年連続出場を果たした06年度大会を最後に、選手権兵庫県予選で連覇することができず、2年おきの出場が続いていた。だが、兵庫を代表する名門校は今年、プレミアリーグ勢の神戸弘陵高や古豪・関西学院高などとの接戦を苦しみながらも勝ち抜き、久々に連覇を達成。主将のMF稲田丈太郎(3年)が「今大会はベスト4以上を目指したい」と口にするように、全国8強入りした昨年超えに挑む。日本一に輝いた10年度の選手権で登録25人中24人を起用したように、日常から切磋琢磨し、レギュラークラスの選手たちの力の差が無いのは現在も強みだ。今回の県予選ではともに1年時にインターハイ8強を経験している守備の柱・DF上出直人(3年)と俊足MF日野公貴(3年)をはじめ、中盤の要・MF朴光薫(3年)や安定感高いGK樫野智哉(3年)、注目アタッカーのMF辻本竜(3年)といった全国舞台を経験している選手に加え、ドリブル武器のMF井上颯人(3年)やFW長野裕次郎(3年)らも力を発揮。全国までにまたレベルを引き開け、初優勝した10年度やFW岡崎慎司(現レスター)が1、2年生だった02、03年度大会(いずれも4強)のような躍進を遂げる。
■県予選決勝取材記者(雨堤俊祐氏)注目選手
経験豊富な滝二の門番
DF上出直人(3年)
「守備を機軸とするチームにおいて、最終ラインのカバーリングが光る。1年時から全国経験も豊富だ」

賢く、ハードにバランス保つ
MF朴光薫(3年)
「中盤や最終ラインの危険なスペースを埋めるなど、全体のバランス維持に欠かせない存在。声でもチームを引き締める」

Bチームから這い上がってきたストライカー
FW長野裕次郎(3年)
「体格を生かした競り合いの強さや相手の背後のスペースを突く走り込みなど、前線で起点となりつつゴールを狙う」

■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(8強)】
1回戦 2-0 秋田商高(秋田)
2回戦 6-0 大分高(大分)
3回戦 5-0 佐賀東高(佐賀)
準々決勝 0-2 前橋育英高(群馬)
【14年度 第93回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 山梨学院高(山梨)
【12年度 第91回(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 山形中央高(山形)
2回戦 1-1(PK7-6)聖光高(山口)
3回戦 2-5 作陽高(岡山)
【10年度 第89回(優勝)】
1回戦 6-1 駒場高(東京A)
2回戦 4-1 鹿島学園高(茨城)
3回戦 2-0 青森山田高(青森)
準々決勝 3-0 日章学園高(宮崎)
準決勝 0-0(PK7-6)立正大淞南高(島根)
決勝 5-3 久御山高(京都)
【08年度 第87回(8強)】
2回戦 0-0(PK5-4)市立浦和高(埼玉)
3回戦 3-0 近大和歌山高(和歌山)
準々決勝 2-6 鹿児島城西高(鹿児島)
【06年度 第85回(2回戦敗退)】
開幕戦 2-0 暁星高(東京B)
2回戦 1-3 武南高(埼玉)
【05年度 第84回(8強)】
1回戦 2-0 常葉学園橘高(静岡)
2回戦 2-0 中京大中京高(愛知)
3回戦 3-1 大津高(熊本)
準々決勝 0-1 鹿児島実高(鹿児島)
【04年度 第83回(2回戦敗退)】
2回戦 3-4 星稜高(石川)
【03年度 第82回(4強)】
2回戦 3-0 長岡向陵高(新潟)
3回戦 1-0 立正大淞南高(島根)
準々決勝 1-1(PK5-3)初芝橋本高(和歌山)
準決勝 0-4 国見高(長崎)
【02年度 第81回(4強)】
1回戦 0-0(PK4-2)室蘭大谷高(北海道)
2回戦 2-1 鳴門高(徳島)
3回戦 3-1 高知高(高知)
準々決勝 3-2 東福岡高(福岡)
準決勝 0-2 市立船橋高(千葉)
【01年度 第80回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 平工高(福島)
2回戦 0-5 静岡学園高(静岡)
【98年度 第77回(4強)】
1回戦 1-1(PK4-2)韮崎高(山梨)
2回戦 4-1 青森山田高(青森)
3回戦 4-2 清水市商高(静岡)
準々決勝 0-0(PK4-2)佐野日大高(栃木)
準決勝 2-3 東福岡高(福岡)
【97年度 第76回(3回戦敗退)】
2回戦 2-2(PK4-2)愛三大三河高(愛知)
3回戦 0-1 丸岡高(福井)
【94年度 第73回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 作新学院高(栃木)
2回戦 0-0(PK2-4)守山北高(滋賀)
【91年度 第70回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 帝京高(東京A)
【90年度 第69回(3回戦敗退)】
1回戦 1-0 日大山形高(山形)
2回戦 2-1 奈良育英高(奈良)
3回戦 0-0(PK1-3)国見高(長崎)
【89年度 第68回(1回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK1-3)平工高(福島)
【87年度 第66回(1回戦敗退)】
1回戦 2-4 旭高(神奈川)
【86年度 第65回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 岐阜工高(岐阜)
■登録メンバーリスト
▼GK
1 樫野智哉(3年)
12 西垣悠暉(2年)
21 山野宗一郎(3年)
▼DF
2 岩谷崚太郎(3年)
3 廣田一磨(3年)
4 坂本空透(3年)
5 上出直人(3年)
13 中谷俊介(1年)
17 全聖矢(2年)
18 柏原悠人(2年)
22 榧谷翔太(2年)
29 山本幸輝(3年)
▼MF
6 辻本竜(3年)
7 朴光薫(3年)
8 日野公貴(3年)
10 井上颯人(3年)
14 森川恵多(1年)
15 口石典明(1年)
23 岡田兼孟(2年)
26 森田玲司(3年)
27 足立新(3年)
28 加藤広康(3年)
▼FW
9 稲田丈太郎(3年)
11 池尾遼乃介(1年)
16 青木啓真(1年)
19 小山愛生(2年)
20 中森翼(2年)
24 長野裕次郎(3年)
25 福嶋一輝(3年)
30 近藤有悟(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2017
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2017

TOP