beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

セットプレーからCB滝本が2発!富山一が逆転で瀬戸内を下してプレミア復帰に前進

このエントリーをはてなブックマークに追加

富山一のCB滝本敦生(3番、3年)が2ゴール

[12.15 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 富山一高 2-1 瀬戸内高 コカ広島ス]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ参入戦の1回戦が15日に行われた。コカ・コーラウエスト広島スタジアムの2試合目では、富山一高(北信越1、富山)と瀬戸内高(中国2、広島)が対戦。富山一がセットプレーからの2発で2-1の逆転勝ちをおさめた。17日の決勝戦では三菱養和SCユース(関東3、東京)と戦う。

 変則的な5-3-2を敷く富山一は、左のDF小森颯(3年)と右のDF高浪陸(3年)の両ワイドが攻撃の起点となるが、立ち上がりは出足の鋭い瀬戸内に押し込まれる展開となった。すると、前半18分に鮮やかなミドルシュートをMF島田章宏(3年)に決められ、瀬戸内に先制点を許した。

 ここから富山一は徳島ヴォルティス入団内定のFW坪井清志郎(3年)とFW大竹将吾(3年)の強烈2トップにボールを集め、反撃に転じる。両ワイドの仕掛けの精度は上がらないが、アンカーのMF多賀啓志朗(3年)が運動量を活かしてセカンドボールを回収し、起点となったことで徐々に攻撃が噛み合っていった。

 前半43分、富山一はCKを得ると、ゴール前のこぼれ球に反応したCB滝本敦生(3年)が左足を振り抜いて、同点ゴールに突き刺した。勢いに乗った富山一は、後半に入ってからも攻撃の手を緩めず、13分に右CKから再び滝本がヘッドで叩き込んで、試合をひっくり返した。終わってみればシュート19本(前半11本)を放ち、瀬戸内のシュートを4本(前半3本)に抑えた富山一が、持ち前の攻撃力を活かしてプレミア参入決定戦に駒を進めた。

 だが、この試合で富山一が誇る自慢の2トップにゴールは生まれなかった。プリンス北信越の18試合で70得点中45得点(坪井24点、大竹21点)、選手権富山県予選の5試合で53得点中37得点(坪井17点、大竹20点)を叩き出した脅威の2人が不発ということは、チームにとってプラスではない。だからこそ、次の三菱養和SCユースとの大一番では、この2人が奮起し、2014年以来のプレミア復帰を手にすることが出来れば、選手権に向けて大きな弾みになる。

「本当なら2トップが点を取るのがウチのパターンで、チャンスはいっぱいあったけどその2人が今日は取れなかった。相手も研究してやってきていたと思うからこそね」。富山一・大塚一朗監督もこう語ったように、より厳しい壁を打ち破って生まれる彼らのゴールの意味を全員が良く分かっている。次の三菱養和SCユース戦は選手権での富山一を占う上でも、重要な一戦となるだろう。

(取材・文 安藤隆人)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

TOP