beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

初出場校・東京国際大の挑戦は3位で幕、主将DF楠本は「あのワンプレーで…」先制点川上「この大学はもっと強くなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

初出場校の東京国際大は3位で大会を終えた

[12.21 大学選手権準決勝 東京国際大1-2流通経済大 柏の葉]

 大学の歴史に名を刻んだことは間違いない。初出場校・東京国際大(関東6)の挑戦は、3位という形で幕を閉じた。

 我慢強く守っていたが、ワンプレーが勝敗を分けた。延長前半11分、DF楠本卓海(4年=大成高)がFW宮津祥太(4年=浜名高)に競り負けて倒れてしまう。ボールを奪われると、そのままゴール前で1対2の状況を作られて、決勝点を奪われてしまった。

 主将としてチームをけん引した楠本だが、「あのワンプレーで大学サッカーを終わらせたというのは、すごく自覚している」と肩を落とす。しかし3位という結果については、「大学の知名度を上げることもできたと思うし、今後に繋がっていくのかなと思う」と堂々と胸を張る。

 先輩としては後輩たちにかかるプレシャーを心配したが、「そのプレッシャーを力に変えるポテンシャルとか上手さを持っていると思うので、ハングリー精神を持ってやってほしい」とエールを送った。

 前半23分に先制点を奪ったFW川上翔平(4年=FC東京U-18)も敗れたことへの悔しさは隠そうとしないものの、「優勝したいという気持ちが、自分たちが思っている以上に相手が上回っていたなと感じた」と敗戦を素直に受け止める。来季よりJ3・福島ユナイテッドFCに活躍の場を移すことになる背番号14も、「この大学はもっと強くなる」と後輩たちのリベンジに期待していた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第66回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP