beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京戦でJデビュー&初ゴール、FW富樫敬真「これからはブーイングじゃなくて…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMからFC東京に期限付き移籍するFW富樫敬真

 まさに「縁があるクラブ」への加入だ。横浜F・マリノスからFC東京に期限付き移籍するFW富樫敬真は2015年のFC東京戦で、関東学院大の特別指定選手としてJリーグ初出場。終了間際に決勝点となる初ゴールも記録し、鮮烈なデビューを果たした。

「たしかに縁を感じています」。13日に行われた新体制発表会後の囲み取材中、報道陣からFC東京について訊かれた富樫は照れ笑いで答えた。サポーターも同様の印象を持っていたようで、それ以降の対戦時はブーイングで対応。「これからはブーイングじゃなくて、歓声を沸かせられるように頑張りたい」と口にした。

 初めての移籍、それも同じJ1クラブへの期限付き移籍ということで、「決断は簡単ではなかった」という。それでも初めに相談した横浜FMのコーチから「最初の気持ちが大事」という助言を受け、「もう1回自分を見つめ直したい。チャレンジしたい」と決断。「覚悟を持ってきたので、この1年でそれを表現したい」と意気込んでいる。

 合流して数日間の印象としては、「マリノスのほうがにぎやかだけど、練習中は良い緊張感を持ってやれている」というもの。豊富な攻撃陣の主力争いは激しいが、「良い連携を築くことができれば、結果を残せる」とポジティブに考えている。

 「もっと上にいるべきチーム」という首都・東京のビッグクラブで迎える1年間。「一日一日100%の力で練習に励み、そこでどのような結果につなげるかが大事」と、自らの成長を積み重ねながらクラブに貢献していく構えだ。

(取材・文 竹内達也)

●2018シーズン新体制&背番号一覧
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP