beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]新生・前橋育英の「14番」、MF秋山は「みんなとは一つ違うプレーを」

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英高MF秋山裕紀は中盤で存在感あるプレーを見せた

[1.14 群馬県高校新人大会2回戦 前橋育英高 5-1 太田高 前橋育英高高崎G]

「自分が選手権で出場させてもらったので、他の選手に選手権で学んできたことを教えてあげたり、プレーで見せられたらいい。みんなとは一つ違うプレーを常に心がけてやっていきたいなと思います」

 伝統の14番を背負う新司令塔は日本一の経験を伝える役割も担う。前橋育英高は新チームの初陣を後半の4ゴールによって、5-1で勝利。ダブルボランチの一角として先発したMF秋山裕紀(2年)は、サイドへの配球で幅を広く使いながら、チャンスと見るや崩しにかかわり、ミドルシュートを打ち込むなどチームを牽引するプレーで勝利に貢献した。

 選手権では準々決勝で先発出場。負傷したMF田部井涼主将(3年)に代わるボランチ起用だったが、3点目をアシストするなど中盤で攻守に奮闘して勝利に貢献した。続く準決勝でも先発した秋山はボールによく絡みながら、6-1で試合を終え、“代役以上”の働き。秋山は個人としても高く評価された。

 本人にとっても、自信となった選手権。「あれだけ観客がいる中で試合をしたのは初めてというくらい本当に人がいっぱいいて、その中でも自分のプレーが発揮できたのはこれからの自信にも繋がりますし、良かったんじゃないかなと思っています」。今年はFW榎本樹(2年)らとともに、選手権や“日本一軍団”の3年生たちとプレーした貴重な経験を1、2年生たちに伝えなければならない。

「3年生はやっていて、簡単にいうと安心感しか無いというくらいの存在でした。4バックがしっかりしていて、本当に3年生が自分のミスとかをカバーしてくれたりしたので、本当にやりやすい部分とかが多かったです」。コンビネーションでPAへ侵入する動きなど、攻撃面が得意な司令塔は、課題の守備の部分を高めて、自分もチームを安心させる存在になる。

 最初のミーティングで渡されたという背番号14。「これまで14番をつけてきた先輩たちは本当にチームのために戦ってきたり、本当に大きな存在だったので自分も恥じないようにプレーしていきたい」。近年の田部井涼や鈴木徳真(現筑波大)をはじめ、前橋育英の柱が背負ってきた14を受け継ぐMFは最上級生となる今年、前任者たちのようにチームをまとめ、チームを勝たせる働きにこだわる。

(取材・文 吉田太郎)

TOP