beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

首位対決はスーパーゴールの応酬!ネイマール不在のパリSGは今季2敗目、リヨンが劇的AT弾で勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWメンフィス・デパイが首位パリSGを打ち破る決勝弾を決めた

[1.21 リーグ1第22節 リヨン2-1パリSG]

 リーグ1は21日に第22節を行い、首位パリSGは敵地で2位リヨンと対戦し、1ー2で敗れた。FWネイマールが怪我により欠場となったパリSGは、12月2日の第16節・ストラスブール戦(1-2)以来の今季2敗目となった。

 大量8得点で勝利を収めた前節・ディジョン戦(8-0)からパリSGはスタメンを5人変更。DFレイバン・クルザワ、DFマルキーニョス、DFダニエウ・アウベス、MFアドリアン・ラビオ、FWキリアン・ムバッペが先発復帰した。ネイマールが欠場となった最前線は、ムバッペ、FWエジソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリアが3トップに入っている。

 リーグ戦6試合負けなし(5勝1分)と好調のリヨンが開始早々からスーパーゴールを決める。前半2分、中盤右でFKを得たリヨンのキッカーはFWナビル・フェキル。前がかりになったGKアルフォンス・アレオラの隙を見逃さず、鋭く蹴り上げたボールは右ポストに当たりながらゴールに吸い込まれた。

 追いかけるパリSGだが前半36分にアクシデント。後方からのロングボールに反応したムバッペがPA内で相手GKと交錯して背中を強打し、そのままMFユリアン・ドラクスラーと交代となった。前半終了間際にパリSGはスーパーゴールで同点に追いつく。右サイドのD・アウベスがクロスを上げるとPA内のクルザワが渾身の左足ダイレクトボレー。高速の弾道がゴールネットに突き刺さり、1-1で前半が終了した。

 後半12分、勢いに乗りたいパリSGに再び嫌なムードが流れる。ファウルをしたD・アウベスが審判に言葉を発した直後、審判がレッドカードをD・アウベスに突きつけた。ネイマール欠場、ムバッペ負傷に加えて1人を欠くことになったパリSGに対して、リズムは少しずつリヨンに傾き始め、後半終了間際に再びスーパーゴールで決着がつく。

 後半アディショナルタイム3分過ぎ、PA左手前でパスを受けたFWメンフィス・デパイが中央に切り返して右足の豪快ミドル。GKアルフォンス・アレオラは微動だにできず、鋭い弾道はゴール左に突き刺さった。ホームスタジアムが歓喜に沸く中で試合終了。2位リヨンが首位パリSGを撃破し、勝ち点8差に縮めた。パリSGはリーグ戦6試合ぶりの黒星。首位を独走しているものの、ネイマール不在時の今季2敗目はエースの存在を浮き彫りにする結果となった。

TOP