beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

終盤に執念の連続シュートブロック。身体張って戦ったU-16日本代表候補がFW中野桂太2発で市船に逆転勝ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半23分、U-16日本代表候補FW中野桂太(京都U-15)が決勝ゴール

[2.23 練習試合 U-16日本代表候補 2-1 市立船橋高]

 19年U-17W杯を目指すU-16日本代表候補が関東合宿最終日の23日、練習試合2試合を行った。市立船橋高との第1試合(40分ハーフ)は、U-16日本代表候補がFW中野桂太(京都U-15)の2ゴールによって2-1で逆転勝ちした。

 1点リードした試合終盤、市立船橋の猛攻に対してU-16代表候補は気迫溢れる守備。PAからの4連続シュートをブロックするなど身体を張ってゴールを守り抜いた。試合中、選手たちの一つひとつの動きに声を上げていた森山佳郎監督も、評価するような姿勢。試合後には勝ち切った選手たちに対して「よう体張ったぞ、よう戦ったぞ」と讃えながら握手していた。

 試合は序盤から市立船橋がボールを握る展開だった。16年U-16日本代表候補のDF岡井駿典主将や元浦和DFの城定信次氏を父に持つFW城定幹大らAチームのメンバーで臨んだ市立船橋は、最終ラインでのビルドアップからオープンスペースへの配球を交えた攻撃。U-16代表候補はその攻撃に対応できずにハイサイドを取られ、そこからの崩されてシュートを打たれてしまう。

 また、後ろ向きになったパスに対してプレッシャーをかけられてミスが増加。その中でGK佐々木雅士(柏U-15)のファインセーブで凌いでいたものの、23分にDFラインでボールを失い、市立船橋FW賀澤陽友に先制点を許してしまった。
 
 それでも、初招集の185cmCB長田悠里(JFAアカデミー福島U15)が身体を張った守りを見せていたほか、MF揖斐俊斗(柏U-15)が相手の動きを見ながら巧みな守備を見せるなど徐々に相手の攻撃に対応できるようになったU-16代表候補は攻撃面でもチャレンジするパスが増加。積極的に前に出るMF山内翔(神戸U-18)や中野桂が細かくパスを繋いでゴールに迫る。28分には中野桂のスルーパスにFW青木友佑(FC東京U-15深川)が反応。35分には右SB植田啓太(横浜FMジュニアユース)の右足ミドルがクロスバーを叩いた。

 後半開始直後、GKジョーンズ・レイ(大宮ジュニアユース)のファインセーブでピンチを逃れたU-16代表候補は6分にMF西川潤(桐光学園高)が距離の長いドリブルでFKを獲得する。ペナルティーアークのやや外側から中野桂が「インフロントで低くて速いボールを打てばGKが取りにくいかなと思った」放った左足シュートが、右隅を破って1-1の同点となった。

 市立船橋も後半開始から投入された左MF畑大雅がドリブルでDFを振り切ってラストパスへ持ち込むなど決定機を作るが、U-16代表候補はGKジョーンズがファインセーブを見せるなど勝ち越し点を許さない。

 そして23分、U-16代表候補は山内からのパスを受けた中野桂が左足ミドルを叩き込んで逆転。市立船橋はシュートまでは持ち込むものの、その精度を欠き、CB岩崎真波(横浜FMジュニアユース)や長田を中心にゴールを守ることへの執着心を見せたU-16日本代表が1点差で勝利した。

 U-16代表候補は今年9月にAFC U-16選手権(19年U-17W杯アジア最終予選)を戦う。今回の合宿では、昨年のU-17W杯でU-17日本代表がU-17イングランド代表と激闘の末に敗れた試合の映像も見た。中野桂は「(自分たちが必要なのは)動きながらのプレー、そこの質。ワールドカップの日本対イングランドの映像などをミーティングで見て、イングランドの選手は動きながらのプレーも、止める・蹴るの質も高いと感じました」という。

 世界トップレベルを相手に戦うこと、勝つことを意識しながら成長を目指すU-16代表候補。この市立船橋戦は決して内容の良い試合ではなかったものの、フィジカル面で勝る2学年上の選手相手に食らいつき、勝ち切る逞しさを見せた。 

(取材・文 吉田太郎)

TOP