beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

弾き返せなければ、自分が出る意味無し。静岡DF山田梨功がCB、右SBで守備能力発揮

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡DF山田梨功(浜松開誠館高)がスライディングタックルでインターセプト

[3.11 静岡県ヤングサッカーフェスティバルU-18の部 静岡県ユース選抜 1-1 日本高校選抜 草薙陸]

 静岡県ユース選抜は渡邊勝己監督(清水東高)が「相手がしつこく来る中でも隙を作らずにやれたので良かった」と振り返ったように、CB監物拓歩(清水ユース)を中心とした守備陣が穴を空けず、引き分けに持ち込んだ。

 中でも印象的なプレーを見せていたのが、183cmDF山田梨功(浜松開誠館高)だ。前半はCBとして、相手の縦パスやドリブルをヘッド、スライディングタックルで跳ね返し、右SBへ移った後半もサイドで対人の強さを見せつけていた。

「相手の方が格上。引いたらやられるというのは分かっていたので、自分のいいところを出してどんどん強気で行こうと思っていた。勢いで飛び込んだらやられるんで、そこは相手の体重の乗り方とかを見ながら、ステップを細かく踏んで対応するように意識していました」

 特に相手の攻撃を弾き返す部分については譲れないものがある。「それができなかったら自分が出なくてもいい」というDFは、強い責任感を持ってプレーしていた。そして狙いとする守備を随所に発揮し、引き分けに貢献。Jスカウトもその素材感を評価していた。

 今年の目標について、山田は「去年、一昨年って選手権・インターハイに行けていないので、必ず初出場して、自分の名を全国に広められたらいいかなと思います」。全国で活躍して謙虚に「目標」と語るプロ、そして高校選抜入りも勝ち取るつもりだ。

「自分の強みは守備の対人だったり、高さがあるのでそういうところなんですけれども、もっと予測して相手の攻撃の芽を潰したりというのは課題かなと思います。きょうの試合で自分に足りない部分も分かったので、埋めるために努力していかないといけない」。高校選手権で活躍したタレント軍団相手にできたことは自信になったが、静岡の注目DFは慢心することなく努力を続ける。

(取材・文 吉田太郎)

TOP