beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サラーが“記録づくめ”の圧巻4ゴール1アシスト!リバプールがワトフォードを一蹴

このエントリーをはてなブックマークに追加

モハメド・サラーが圧巻のパフォーマンス

[3.17 プレミアリーグ第31節 リバプール5-0ワトフォード]

 プレミアリーグは17日、第31節を行った。リバプールはホームでワトフォードと対戦し、5-0で大勝した。

 前節マンチェスター・ユナイテッドとの上位対決に敗れたリバプールは、スタメンを4人変更。DFジョー・ゴメスとDFジョエル・マティプ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFジョーダン・ヘンダーソンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はリバプールのゴールラッシュとなった。まずは前半4分、ワイナルドゥムのパスを受けたFWモハメド・サラーがPA右に侵入。鋭い切り返しで相手DFをかわし、右足でゴールに流し込んだ。さらに43分、左サイドからDFアンドリュー・ロバートソンがダイレクトでクロスを供給。これをサラーが右足で合わせ、2-0で前半を折り返した。

 リバプールは後半3分、ヘンダーソンのパスを右サイドで受けたサラーが縦に突破。ライン際からクロスを送り、FWロベルト・フィルミーノが右ひざで合わせ、3-0とリードを広げる。16分にはワトフォードのMFロベルト・ペレイラのFKがクロスバーを叩くシーンもあったが、32分にMFサディオ・マネのパスをPA内で受けたサラーが2度の切り返しから強引に左足で沈め、ハットトリックを達成した。

 勢いが止まらないリバプールは後半40分、FWダニー・イングスのシュートはGKに止められたが、こぼれ球をサラーが押し込み、試合終了。リバプールがエースの4ゴール1アシストの活躍でユナイテッド戦の敗戦を払拭した。

 なお、データサイト『オプタ』によると、ハットトリックを含む4ゴールを奪ったサラーは、プレミアでエジプト人として史上初のハットトリックを達成。また、リバプールの選手としてプレミア1試合4発は、2013年12月にFWルイス・スアレスが記録して以来となる。さらにサラーは今季公式戦36ゴールとなったが、これはFWフェルナンド・トーレスの33ゴールを抜いて、リバプールのデビューシーズンにおける歴代最多ゴールとなった。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP