beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウド衝撃4発!! スアレス上回り2位に浮上…レアルは計9発のド派手な打ち合い制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWクリスティアーノ・ロナウドが1試合4ゴールと爆発

[3.18 リーガ・エスパニョーラ第29節 R・マドリー6-3ジローナ]

 リーガ・エスパニョーラ第29節が18日に開催され、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでジローナと対戦し、6-3で勝利した。

 FWクリスティアーノ・ロナウドが今季初となる1試合4ゴールを挙げた。まずは前半11分、ショートコーナーでMFトニ・クロースからグラウンダーのクロスを左足ダイレクトで押し込み、幸先良く先制に成功する。

 後半2分にはFWカリム・ベンゼマのスルーパスでPA内に抜け出し、左足シュートを突き刺すと、後半19分にはこぼれ球を右足で押し込み、ハットトリックを達成。さらに後半アディショナルタイムにはクロースのスルーパスを右足で押し込み、計9ゴールが生まれたド派手な打ち合いを制した。

 C・ロナウドは直近の公式戦8試合で17得点と調子を上げている。リーガでは25得点目を挙げたFWリオネル・メッシを追う22ゴールをマークし、今節欠場したFWルイス・スアレスの21得点を上回り、得点ランク2位に浮上した。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP