beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季リーグ初弾の久保建英、“普段あまり見せていないシュート”を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京U-23のMF久保建英が今季リーグ戦初得点を振り返った

[3.25 J3第4節 F東23 3-0 富山 味フィ西]

 FC東京U-23のMF久保建英が珍しい右足のシュートで挙げた今季リーグ戦初ゴールを振り返っている。

 開幕からトップチームでの出場が続いていた久保は、25日に行われたJ3第4節・富山戦で今季J3初出場を果たした。1-0の後半30分、FW前田遼一のパスをPA内中央のMF内田宅哉が落とすと、近くにいた久保は利き足と逆の右足を一閃。相手DFをかすめたシュートがゴール左隅に決まり、今季リーグ戦初得点をマークした。

 久保は試合後、Jリーグ公式サイトを通じて「(得点シーンは)内田(宅哉)選手が落とした時にはシュートコースが見えていた。普段はあまり見せられていない右足で決められて良かった」と振り返り、「右足にも自信がないわけではないので、このように積み重ねていけたらいい。このまま波に乗って次の試合でも勝ちたい」と抱負を語っている。

 FC東京U-23は久保のゴール後、前田のこの日2点目が生まれて3-0の快勝。今季初白星を挙げ、開幕からの連敗を3で止めた。次節は4月1日に行われ、敵地でC大阪U-23と対戦する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J3]第4節 スコア速報

TOP