beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

これがW杯を目指す男だ! 代表帰りの杉本健勇、圧巻ドリブル弾でC大阪の今季J1初白星導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中出場のC大阪FW杉本健勇が見事な決勝ゴール

[3.31 J1第5節 C大阪2-1湘南 金鳥スタ]

 セレッソ大阪がホームで湘南ベルマーレに2-1で勝利した。C大阪はJ1開幕5試合目にして、ついに今季初白星。湘南は2連敗で4戦未勝利(2分2敗)となった。

 試合はC大阪がボールを保持し、湘南を押し込む展開。前半13分には右サイドでMF高山薫とうまく入れ替わったMF水沼宏太が並走するFWヤン・ドンヒョンにパスを送ると、ヤン・ドンヒョンはPA手前右から左足でシュートを放つ。GK秋元陽太に右手で触れられるも、コースを突いたボールがゴール左に決まり、先制に成功する。今季加入のヤン・ドンヒョンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での得点はあったが、リーグ戦ではこれが移籍後初ゴールとなった。

 しかし、開幕戦以来4試合ぶりの白星を目指す湘南も前半36分に追いつく。MF石川俊輝の横パスに走り込んだDF大野和成が左サイドから左足でダイレクトの鋭いクロスを送ると、ファーからPA内中央に入ったMF岡本拓也が左足で合わせ、ゴール左隅へ。3戦ぶりにスタメン起用された岡本の今季初得点により、湘南が前半のうちに1-1とした。

 C大阪はハーフタイム明けも勝ち越しを狙って攻勢をかける。後半6分、PA内右のDF松田陸が右足で緩いクロスを送り、FW菊地俊介に競り勝ったFW柿谷曜一朗が至近距離からヘディングシュート。しかし、当たり損ねとなり、GK秋元にストップされる。同7分にはDF丸橋祐介が左足でシュート性のボールを蹴り込み、ゴール前のヤン・ドンヒョンが反応するも、後半開始から高山に代わって投入されたDF杉岡大暉が体を張って防いだ。

 その後、FW松田天馬を筆頭に湘南のプレスがはまり始め、C大阪はボールを回しながらも崩し切れない時間が続く。後半30分には湘南の岡本が右サイドで仕掛け、中央へマイナス方向に切れ込みながら左足でシュート。DFマテイ・ヨニッチに当たったボールがGKキム・ジンヒョンの逆を突いてゴール右に飛ぶが、わずかに枠を外れた。

 C大阪は後半31分にFW高木俊幸との交代でFW杉本健勇を投入。すると代表帰りの背番号9がさっそく仕事を果たした。後半41分、DF松田陸からのロングボールに走り込むと、マークにつく大野を巧みなタッチで振り切ってPA内右に進入。左足で放ったシュートがDFアンドレ・バイアの股を抜いてゴール左に決まり、勝ち越し弾を奪う。W杯のメンバー入りを目指す男の3試合ぶりとなる今季2点目で、C大阪がそのまま2-1で接戦を制した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第5節2日目 スコア速報

TOP