beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎慎司、2戦連続スタメンも現地紙評価はチーム最低「ほとんど危険を感じさせず」

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎慎司は後半11分までプレーした

 レスター・シティのFW岡崎慎司ブライトン戦の評価は厳しいものとなった。

 レスターは3月31日、プレミアリーグ第32節でブライトンと対戦。岡崎はリーグ戦では2試合連続となる先発出場を果たした。しかし、なかなかゴール前で脅威を発揮することはできず、56分に途中交代、チームは終盤の2得点で2-0と敵地で勝ち点3を手にしている。

 現地紙『レスター・マーキュリー』では、岡崎に対してチーム単独最低となる「4」の採点。寸評でも「試合の中でほとんど危険を感じさせることはなかった」と手厳しいものに。なお、チーム最高はPKをストップしたGKカスパー・シュマイケル、守備で奮闘したDFハリー・マグワイアの「8」となっている。

 試合前の記者会見ではクロード・ピュエル監督から「W杯へ行けるといい」とエールを送られていた岡崎。期待に応える働きとはいかなかった。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP