beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟FWホニの去就騒動にFIFAが動く…他クラブとの移籍交渉を許可へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

去就が不透明となっているFWホニ

 アルビレックス新潟との去就問題に揺れているFWホニ(22)について、国際サッカー連盟(FIFA)が契約解除を許可し、他クラブとの交渉を認めるようだ。ブラジル『グローボ』が報じている。

 2017年1月にクルゼイロから新潟に加入したホニは、昨季J1リーグ戦32試合に出場し、チームトップの7得点を記録した。しかし、シーズン終了後に1年間の期限付き移籍だったとするクルゼイロと、3年契約を主張する新潟との間に食い違いがあり、ブラジルでのプレーを希望するホニは新潟の新シーズンのキャンプには参加せず。クルゼイロからブラジルの他クラブへ移籍すると見られていた。

 新潟は3月30日にホニのJリーグ選手登録を完了させていたが、今回の報道によるとFIFAがホニ側の主張を認め、他クラブとの交渉を許可する模様だ。同メディアはホニがコリンチャンスと3年契約を結ぶ見通しと伝えている。ただ、FIFAの裁定は暫定的なもので、まだ正式決定ではないという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP