beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

扇原の超絶無回転FKがさく裂!横浜FMが新潟に競り勝ちPOステージへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF扇原貴宏の無回転FKが決まり、横浜F・マリノスが勝ち上がりを決めた

[5.16 ルヴァン杯A組第6節 横浜FM2-1新潟 ニッパツ]

 横浜F・マリノスアルビレックス新潟を2-1で下した。横浜FMはA組を2位通過。プレーオフステージではD組1位のヴィッセル神戸と対戦する。

 ルヴァン杯もグループリーグ最終節。A組は横浜FM、新潟に加え、仙台の3チームにプレーオフステージ進出の可能性がある。第5節を終えた段階で、勝ち点8で仙台と横浜FMが並び、同7で新潟が追う展開となっていた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半からスコアが動く展開になった。まずは前半14分、横浜FMは左サイドでFKを獲得すると、MF山田康太が入れたボールはDFに弾かれるが、こぼれ球に反応したDFミロシュ・デゲネクがダイレクトで狙う。叩きつけられたシュートは、ゴール前の混戦を抜けると、左ポストをかすめてゴールネットに収まった。

 ただ続く得点は新潟。前半23分、右サイドを突破したDF広瀬健太のクロスがファーサイドのFWターレスまで届く。ターレスはこれを胸トラップでコントロールすると、右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 動きの激しい前半となったが、前半32分にGK飯倉大樹のクリアミスからMF高木善朗に狙われたループシュートは、カバーに入ったテゲネクがヘディングでクリアする。すると同41分、ゴール正面でFKを獲得すると、MF扇原貴宏が狙った無回転シュートが壁を越えると、ゴール前で急降下。GK田口潤人も反応したが逆を突かれるようになってしまい、横浜FMが勝ち越しに成功した。

 ビハインドで折り返した新潟は、後半からターレスに代えてFW矢野貴章を投入。FW田中達也とのベテラン2トップにして、同点弾を目指す。しかしなかなか攻撃の形を作ることが出来ず、逆にピンチを招く場面も少なくはなかったが、古巣戦に燃えるGK田口が好セーブを連発し、何とか失点を防ぐ。

 しかし試合はこのまま2-1で終了。もう一試合で仙台がFC東京を1-0で下したため、A組は1位が仙台、横浜FMは2位でプレーオフステージに進むことになった。

(取材・文 児玉幸洋)

●ルヴァン杯2018特設ページ

TOP