beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本の要注意選手5人を挙げたコロンビアメディア、くしくも全員が…

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロンビアメディアが日本の要注意選手5人を挙げた

 日本代表西野朗監督は18日、都内で記者会見を行い、30日のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(日産ス)に向けた27人のメンバーを発表した。コロンビア版『アス』もこれを報じ、27人の中から警戒すべき5選手を紹介。全員が前回のブラジルW杯の対戦(1-4)でスタメン出場した選手となっている。

 同メディアが最初に取り上げたのはMF本田圭佑(パチューカ)。「31歳の彼は日本で最も有名なプレーヤーだ。3度目のW杯を迎えるが、すでに2010年の南アフリカ大会と2014年のブラジル大会で合計3ゴールを記録している」とW杯での実績に触れ、「オランダ(VVV)、ロシア(CSKAモスクワ)、イタリア(ACミラン)と3つの大きなリーグを渡り歩き、現在は北米の名門クラブの1つであるメキシコのパチューカでプレーしている」と、ここまでの歩みを説明した。

 2人目はGK川島永嗣(メス)だ。同メディアは35歳の守護神を「日本代表で82試合に出場しているチームリーダーの1人であり、 本田とともに3回目のW杯に臨もうとしている」と紹介。そして「ブラジルW杯でコロンビアが4ゴールを決めた時のGKだった」と情報を付け加えた。

 3人目は日本の10番を背負ってきたMF香川真司(ドルトムント)。「W杯では実績を残していない」と指摘しつつも、「ヨーロッパのトップレベルでの経験は西野監督にとって疑う余地がない。今季はブンデスリーガ、ドイツ杯、ヨーロッパリーグで27試合に出場し、6得点を挙げた」とクラブでの活躍を評価しているようだ。

 4人目としてピックアップされたのはFW岡崎慎司(レスター・シティ)だ。「W杯予選では本田に次ぐ5ゴールを決め、レスターでは今季32試合で7ゴールを挙げた」と得点力を紹介。また、「南アフリカ大会とブラジル大会で1ゴールずつ記録している」とW杯での成績についても触れている。

 そして最後はDF長友佑都(ガラタサライ)。「インテルで7シーズン半にわたって主力選手としてプレーし、セリエAでは170試合で9ゴールを決めた。現在はトルコのガラタサライに所属している」と経歴を記し、「日本代表として100試合の出場を超え、合計102試合となっている。2度のW杯とアジア杯、4度のキリン杯、08年の北京五輪にも出場を果たした」と国際舞台での経験についても言及した。

 同メディアが挙げた前回大会を知る5選手は、当時の借りを返すことができるだろうか。“因縁”のコロンビアとは6月19日に行われるグループHの初戦で激突する。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP