beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョが現地視察…マンUがウエスト・ハムの長身アタッカーに興味

このエントリーをはてなブックマークに追加

モウリーニョ監督がマルコ・アルナウトビッチを現地視察

 マンチェスター・ユナイテッドウエスト・ハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)に興味を持っているようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じた。

 アルナウトビッチは、性格面での荒さは目立つが、192cmと長身ながら足もとのテクニックが高く、フィジカルも強いアタッカー。今季ストーク・シティからクラブ史上最高額の2500万ポンド(約36億1500万円)でウエスト・ハムに加入し、公式戦35試合で11ゴールを記録した。

 同紙によると、ウエスト・ハムは今季チーム得点王の放出を望んでおらず、5000万ポンド(約72億3000万円)の高額な移籍金を要求するつもりだ。

 一方、2009-10シーズンにインテルでアルナウトビッチを指導したジョゼ・モウリーニョ監督は、30日に行われたオーストリア代表対ロシア代表の国際親善試合を現地観戦。同試合でスタメン出場したかつての教え子を直接チェックしたようだ。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP