beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「若い選手を育てていくという意向に…」 ベストメンバー規定違反の湘南、水谷社長が声明発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

声明を発表した湘南ベルマーレの水谷尚人社長

 湘南ベルマーレは12日、同日に処分が下されたJリーグ規約第42条違反について、水谷尚人社長がコメントを発表した。「守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました」と不慮の違反だったと述べている。

 湘南は4月18日に行われたルヴァン杯のグループリーグ第4節のサガン鳥栖戦で、プロA契約選手を4人しか起用せず、Jリーグ規約第42条補足基準の「プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まれなければならない」に違反。Jリーグからけん責と制裁金600万円の処分が下された。

 水谷社長はクラブの公式サイトを通じて、「ヤマザキビスケット株式会社様はじめ、サポーターの皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした」と謝罪。「Jリーグの若い選手をもっと育てていくという意向に深く、強く共感している中、一方で守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました。今後同じ間違いを起こさぬようにクラブ一同、襟を正して日々の仕事に取り組みます」と述べている。

 なお、クラブも処分を発表し、水谷社長が月給1か月分から5%の減給。眞壁潔会長はがん患者の啓発活動を行う『フットサルリボン』などの活動を行う一般社団法人「Ring Smile」に同額を寄付するとしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2018特設ページ

TOP