beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「アザールやネイマールでもロナウドにはなれない」元レアルDFが代役探しに躍起になる古巣に忠告

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウド

 元レアル・マドリーミチェル・サルガド氏は、ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの代役はいないと話した。

 2009年にレアルに加入して以降、ロナウドは驚異的な数字を残し、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)3連覇など数々のタイトルをクラブにもたらした。しかし10日、同選手は、1億ユーロ(約135億円)でセリエA王者・ユベントスに電撃移籍することが決定。レアルは早急な代役探しに追われることになった。

 5度のバロンドールに輝くなど「世界最高の選手」との呼び声の高いロナウド。その後釜として、キリアン・ムバッペやネイマール、エデン・アザール、モハメド・サラーら、さまざまな選手が候補に挙がっている。しかし、サルガド氏は、同選手に代わる世界的なスターに頼ることを避けるべきだと語った。

「ロナウドは代えの利かない選手だ。彼の代役には誰もなれないから、代わりの選手を引き抜こうとするのは間違いだ。フレン・ロペテギ新監督は、スターに依存する形ではなく、ほかの方法で得点を生み出せるようチームを作り直すことを考えなければならない。アザールはW杯で素晴らしい活躍を残したし、ネイマールは違いを生み出せる。ベルナベウが彼らを望んでいるのは確かだ。しかし1人に頼っていてはダメだ」

 そして、33歳にしてセリエA初挑戦を決めたロナウドに向けて「幸運を祈っている。ただしレアルと対戦する時を除いてだ」とエールを送った。

●セリエA2017-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP