beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM2562]鳥栖U-18MF兵働透生(3年)_主戦場は右サイド、技巧派レフティが『大逆転』演出

このエントリーをはてなブックマークに追加

左足で『大逆転』を演出したサガン鳥栖U-18のMF兵働透生(3年)

[7.26 日本クラブユース選手権U-18大会決勝T1回戦 鳥栖U-18 3-2 東京Vユース 前橋フB]

 グループリーグでもプレースキックやサイドからの突破で活躍を見せてきたサガン鳥栖U-18のMF兵働透生(3年)。決勝トーナメント1回戦の東京ヴェルディユース戦は立ち上がり2点のビハインドを背負う厳しい展開だったが、自慢のプレースキックで同点に追いつき、さらには自身のクロスがオウンゴールを誘発。大逆転勝利を導く2得点に絡み、準々決勝進出に大きく貢献した。

 持ち味は左足のキック。精度の高いプレースキックやクロスボールが最大の武器だ。

 現在は右サイドハーフとしてプレーしているが、「右の方がやりやすい。右サイドでボールを持ってカットインしていくといろんな選択肢が持てる。例えばカットインした左足にボールがある状況で逆に展開したり、FWに当てて進入したり、シュートだったりといろんな攻撃のバリエーションが出てくる」と右サイドでのプレーの幅をどんどん広げている。

 特に後半は走力も生かして、右サイドから再三鋭い突破から決定機を演出した。「劣勢の中でも器用で良いプレーができる選手。拮抗した状況でチャンスをつくってくれる」と金明輝監督からの信頼も厚い。

 準々決勝に向けては「大宮ユースとは昨年の冬に戦って勝っているが、油断しないように戦いたい」と語る。活動量とプレー精度を生かし、目標としている決勝の舞台を目指す。

(取材・文 小林健志)
●第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP