beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する総体注目の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するDF高嶋修也(明秀日立高)

 ゲキサカでは8月7日に開幕する平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)の注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏:「粗削りな選手も多いですが、他とはちょっと違うストロングポイントを持った選手を中心に見て面白いと感じた選手を選びました。代表経験を持つのは、U-15日本代表候補になったことのある福島隼斗くらいですが、この夏の活躍次第では今後、飛躍を遂げる可能性は十分。三重で自らの特徴を存分に発揮して、大暴れして欲しい選手ばかりです」

以下、森田氏が注目する11人

GK中野翔太(中京学院大中京高、3年)
「福留直人監督が絶大な信頼を寄せ、1年生の頃から定位置を掴む守護神。状況を的確に見極めて、繰り出すシュートセーブが持ち味だ。1年目の選手権予選や今回のインターハイ予選決勝でPKを止めたように、大一番での勝負強さも魅力の一つ」

DF福島隼斗(大津高、3年)
「守備センスの高いセンターバック。これまでボランチとして出場してきたことで磨かれた運動量の多さも光る。鋭い読みと粘り強い守りでピンチの芽を摘みながら、正確なキックを発揮し、ビルドアップとサイドチェンジで見せ場を作る頼れる存在だ」

DF志村滉(仙台育英高、3年)
 高さを活かした競り合いの強さが目を惹くセンターバックだが、より際立つのは攻撃の部分。『キックなら絶対に負けない。全国でも通用すると思うので、ドンドン見せていきたい』と意気込むように最終ラインからの組み立てとロングキックで攻撃のスタートとして機能する」

DF高嶋修也(明秀日立高、3年)
「圧倒的な跳躍力が売りのセンターバックでエアバトルの強さは、8強入りを果たした昨年度の選手権で証明済み。主将としてチームを牽引する今年は選手権以上の成績を狙っている。左右両足から繰り出すキックでもチームに貢献する大会屈指の選手だ」

DF田近洸貴(高川学園高、3年)
「高い危機察知能力と対人プレーで強さを見せるDFで、能力の高さは中国地方でも屈指。機を見ては最終ラインから持ち上がり、攻撃にアクセントを加えることもできる。昨年のインターハイ予選の決勝はPKを外し、涙を飲んだが、今年は先制点を奪い、全国行きに貢献した」

MF佐野海舟(米子北高、3年)
「類稀なボール回収力と正確な展開力が武器の高校No.1ボランチ。主将を任された今年は重圧に苦しんできたが、県総体後は一皮むけ、苦しい時に誰よりも頑張れる選手に変貌した。卒業後の進路はプロ入り一本に絞っており、今夏は就活に向けたラストアピールの場でもある」

MF野開ディラン(札幌大谷高、3年)
「ニュージーランド人の母と日本人の父を持つテクニカルなMF。パスとドリブルを巧みに使い分け、味方のコンビネーションでゴール前に抜け出し、点に絡む。全国的な知名度は高くないが、この夏を機に一気に注目を集めておかしくない注目株だ」

MF藪陸人(高知中央高、3年)
「ナイジェリア国籍のFWオニエ・オゴチュクウが注目される高知中央だが、彼だけのチームではない。テクニックに自信を持つ選手が多い中でも、際立つのが10番を背負う彼で、出して良し、仕掛けて良しの多彩な仕掛けでチャンスに絡む。インターハイ予選ではチーム得点王に輝いた」

MF小森飛絢(富山一高、3年)
10番がよく似合う高いテクニックが持ち味のアタッカーだ。FW坪井清志郎(現・徳島)らタレント揃いだった昨年から交代出場で経験を積んだように実力は確かで、今年はエースとして君臨。チームが全国でどこまで出来るかは彼のプレーにかかっていると言っても過言ではない」

MF増子直樹(松本国際高、3年)
「スピードを活かした突破で左から見せ場を作るサイドアタッカー。昨年までは、俊足を活かし切れずにいたが、『動き方や貰い方を細かく教えてもらい、プレーがしやすくなった』と成長を実感する今年は相手を置き去りにする機会が増加。インターハイでも輝きを放つはずだ」

FW和田育(阪南大高、3年)
「ボディバランスの良さを活かし、ゴールにどん欲に向かう生粋の点取り屋。苦戦が続くプレミアリーグでもコンスタントに得点を重ねるように能力は全国基準だ。決定力が高まれば、相手にとってより怖い存在になるはずだ」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校総体2018

TOP