beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ゲント、劇的ドローも開幕2戦勝ちなし…インサイドハーフの久保裕也は不発

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW久保裕也は後半18分までプレー

[8.4 ベルギーリーグ第2節 ゲント1-1ズルテ・ワレヘム]

 ベルギー1部のジュピラー・プロ・リーグ第2節が4日に行われ、FW久保裕也の所属する11位ゲントはホームで7位ズルテ・ワレヘムと対戦し、1-1で引き分けた。今季初白星はお預けとなり、開幕2試合勝ちなし(1分1敗)。久保は2試合連続でスタメン出場し、後半18分までプレーした。

 ゲントは右サイドのFWジャン・リュック・ドンペの突破力を生かして序盤からペースを握る。前半8分には右のインサイドハーフに入った久保がドンペの右クロスにフリーで合わせるが、うまく頭でミートできず、ゴールをとらえられなかった。

 優勢のまま前半を折り返したゲントは後半18分に久保を下げ、MFブレヒト・デヤーゲレを投入。しかし、同21分に相手の右CKからDFティモシー・デライクにヘディングで叩き込まれ、先制点を献上する。

 その後もゴールを奪えずにいたが、終了直前に追いついた。後半アディショナルタイム5分、MFギオルギ・チャクヴェターゼがドリブルで強引に持ち込み、PA内右へパス。受けたDFイホル・プラストゥンが折り返すと、FWジョナサン・デイビットが右足でゴール左へ流し込み、土壇場で勝ち点1をつかみ取った。

●海外組ガイド

TOP