beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-15]北信越予選は金沢がV!! 石川勢が全国3枠占める

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第33回日本クラブユース選手権(U-15)大会北信越予選は7月7日~15日に行われ、ツエーゲン金沢U-15が制した。準優勝のFC CEDACをはじめ、パテオFC金沢ジュニアユース、セブン能登ジュニアユースが全国初出場を決めた。

 本大会は8月15~24日に北海道の帯広市、幕別町、中札内村、音更町の計5会場で行われる。

■北信越代表
ツエーゲン金沢U-15(3)
FC CEDAC(5)
パテオFC金沢ジュニアユース(初)
セブン能登ジュニアユース(初)

結果は以下のとおり

[1回戦](7月7日)
ツエーゲン金沢U-15 2-0 FCひがしジュニアユース
AC長野パルセイロU-15 3-0 F.THREE U-15
レインボー若狭FCジュニアユース 0-3 セブン能登ジュニアユース
長岡ジュニアユースFC 1-2 カターレ富山U-15
バテオFC金沢ジュニアユース 1-0 アルビレックス新潟U-15
松本山雅FC U-15 1-1(PK6-7) 武生FCジュニアユース
グランセナ新潟FCジュニアユース 5-0 エスポワール白山FCジュニアユース
水橋FC U-15 0-1(延長) FC CEDAC

[準々決勝](7月8日)
ツエーゲン金沢U-15 7-0 AC長野パルセイロU-15
セブン能登ジュニアユース 2-1 カターレ富山U-15
グランセナ新潟FCジュニアユース 1-2 FC CEDAC
パテオFC金沢ジュニアユース 9-0 武生FCジュニアユース

[準決勝](7月14日)
ツエーゲン金沢U-15 8-1 セブン能登ジュニアユース
FC CEDAC 2-1 パテオFC金沢ジュニアユース

[決勝](7月15日)
ツエーゲン金沢U-15 2-1 FC CEDAC

[3位決定戦](7月15日)
セブン能登ジュニアユース 0-2 パテオFC金沢ジュニアユース

TOP