beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3連敗の湘南、試合終了後には“いざこざ”も…齊藤未月「ちゃんと話し合いました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南はリーグ3連敗を喫した

[8.19 J1第23節 湘南0-2神戸 BMWス]

 湘南ベルマーレがホームで神戸に敗れ、3連敗を喫した。勝ち点は26で、降格圏とは4差。試合終了の整列時にはチーム状態を表すかのように、選手同士による“いざこざ”もみられた。

 その当事者だったMF齊藤未月によると、原因は2失点目の場面。相手スローインの際に、相手MF三田啓貴へのマークを怠った齊藤のミスから失点してしまったことを指摘されたことに苛立ってしまったのだという。

「あれは僕のせいなんですけど、試合が終わってからも言われていて、それで突っかかってしまって、ああいう感じになった。終わったあとにちゃんと話し合いました。特に問題はないかなと思います」

 チーム全体の雰囲気にも影響がないことを強調した齊藤だが、結果が伴わない現状については、「これだけ負けが続いていると、視点を変えないといけない」と嘆く。特に前節4失点、今節2失点の守備について、「何で失点してしまっているのかなというのをもっと考えていい」と立て直しの必要性を説いていた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP