beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

公立校の革新的試み…市立船橋とマイナビがスポンサー契約「モデルケースとして」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社マイナビは21日、市立船橋高サッカー部(千葉)とユニフォームスポンサー契約を締結したことを発表した。高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018EASTで着用するもので、26日の富山一高戦より採用される。

 同社は「弊社は様々なサービス、スポーツイベントの協賛を通じてユーザーの皆様の『成長』と『成功』のきっかけを提供することを目指しております。地域社会に対しても様々な活動を行っている同校サッカー部を支援することで、スポーツを通じて今後ますます社会に貢献してまいります」とコメントした。

 また、市立船橋サッカー部の朝岡隆蔵監督と同校後援会長の曽我明哲氏が連名でコメントを出し、「遠方でのゲームも多く、コンディション維持のため試合前日に宿泊をして試合を行なっており、ついては日本サッカー協会からの補助金や船橋市等からの補助はあるものの、依然として保護者の負担はかなり大きなものになります。Jリーグのユースチームや私立高校に比べてその差は大変大きいものと言えます。保護者負担の軽減だけではなく、経済的に困難な状況にある才能ある生徒に参加の機会を与えることができるようにする、新しい公立高校の形を示すことを目指しています。市立船橋高校サッカー部として、そのようなモデルケースとして発信していきたいと考えています」と経緯を説明し、契約締結を喜んだ。

 市立船橋は公立校ながら、全国高校サッカー選手権で優勝5回、インターハイ男子サッカー競技優勝は最多9回を成し遂げている名門校だ。アマチュアスポーツ発展のためを考え、準備期間を経てスタートした今回の試み。今後、大きなうねりを起こすか注目される。


●2018高円宮杯プレミアリーグEAST特集
●【特設】高校選手権2018

TOP