beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

青森山田中の5連覇阻止!日章学園中が11年ぶりの全中制覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日章学園中が11年ぶりV

 第49回全国中学校サッカー大会(全中)決勝が23日、鳥取市のとりぎんバードスタジアムで行われ、日章学園中(宮崎)が11年ぶり3回目の優勝を飾った。

 日章学園は大会4連覇中の青森山田中(青森)と中学サッカー日本一を懸けて対戦。その日章学園は前半26分にMF池部虎汰郎のラストパスからMF藤本優希が先制点を決める。

 対する青森山田中は、後半22分にU-15日本代表MF松木玖生がPKを決めて同点に追いつく。だが、日章学園は後半27分にFW木脇蓮苑が決勝点となる右足PKを決めて2-1で競り勝った。

 日章学園中は3年前の決勝戦で敗れている青森山田中にリベンジ。九州勢にとっても、07年の日章学園中以来となる全中制覇となった。

【決勝】(8月23日)
[とりぎんバードスタジアム]
青森山田中 1-2 日章学園中
[青]松木玖生(52分)
[日]藤本優希(26分)、木脇蓮苑(57分)
●第49回全国中学校サッカー大会(全中)特集ページ

TOP