beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]A group MVP:流通経済大柏DF田村陸「賞をもらったからこそ、自分の経験を伝えていければ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

A Group MVPの流通経済大柏高DF田村陸

 関東・静岡の強豪18校の1年生たちが真剣勝負の場で成長を目指した「2018 Rookie League」は2日の閉会式で表彰選手を発表した。

 A GroupのMVPは、優勝した流通経済大柏高(千葉)のチームリーダーで、正確な技術を発揮しながら攻守に渡って実直なプレーを続けた左SB田村陸が獲得した。

以下、田村コメント

●流通経済大柏高DF田村陸 (1年)
―Rookie Leagueを振り返って
「自分で思う良い試合は2、3試合で少ないけれども、その良い試合というのがいつも言われているボールの持ち方や動き出し、そして周りの選手とのコミュニケーションだったり、攻守の切り替えだったり、流経らしいサッカーができた試合だったので、それを崩さないで毎試合毎試合続けられたら次に繋がると思います」

―自分のプレーで見て欲しいところは?
「守備は対人のところが自信あるので見て欲しい。攻撃は(コーチの斉藤) 礼音さんから『マルセロみたいな感じ』と言われていたけれど、足元が結構あるんで、1対1とかワンツーで抜け出すところ、そして1タッチプレーですね」

―個人賞に選ばれた感想は?
「賞をもらったから偉いみたいな感じではなく、賞をもらったからこそ自分の経験を伝えていければチームも強くなっていくと思う」

―今後の目標を教えてください。
「2年後に日本一になるためには現状では難しいというのがあるので、自分から発信して良いところを高めて、悪いところを改善していきたい」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

TOP