beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京Vが1点リード守り抜いて3連勝!泉澤V弾で好調・横浜FCとの上位対決制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

泉澤仁が決勝点

[9.8 J2第32節 東京V 2-1 横浜FC 味スタ]

 J2リーグは8日、第32節を行った。味の素スタジアムでは5位東京ヴェルディと3位横浜FCが対戦し、東京Vが2-1で上位対決を制した。

 試合は思わぬ形で動いた。東京Vは前半5分、前線で最終ラインの背後へ走り出したMF奈良輪雄太を目掛け、自陣からDF井林章がロングフィード。横浜FCのMF北爪健吾がカットしたが、クリアボールが自陣ゴール方向に飛んでしまい、オウンゴールにより東京Vが先制した。

 しかし、東京Vは前半34分にアクシデント発生。DF田村直也が左足もも裏を痛め、ピッチに倒れ込んでしまう。田村はそのまま担架でピッチを後にし、DF香川勇気との交代を余儀なくされた。

 1点ビハインドで前半を終えた横浜FCは後半開始からMF渡邊一仁に代えてDFペ・スンジンを投入する。FWイバとMFレアンドロ・ドミンゲスを中心に東京Vゴールに迫るが、なかなか決定的なシーンを作り出すことができず、苦しい時間が続く。

 そんな中、東京Vは後半14分にFW李栄直に代えてFW泉澤仁を投入。これが奏功する。25分、MF梶川諒太がセンターサークル内から左サイドへ大きく展開。香川がPA左へパスを送ると、泉澤が中央にカットインして右足を振り抜く。カーブのかかったシュートがゴール右隅に決まり、2-0とリードを広げた。

 横浜FCは後半36分、右サイドから途中出場のFW齋藤功佑が左足でクロスを送り、イバがヘディングシュートを突き刺す。しかし、反撃もここまで。東京Vが2-1で逃げ切り、3連勝を飾った。一方の横浜FCは連勝が『4』でストップ。5試合ぶりの黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第32節1日目 スコア速報

TOP