beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

20歳という若さで…元カリアリ下部組織所属のポーランド人FWが事故死

このエントリーをはてなブックマークに追加

20歳という若さで亡くなったクリスティアン・ポピラ

 かつてカリアリのプリマヴェーラ(下部組織)に所属していたポーランド人FWクリスティアン・ポピラが20歳という若さでこの世を去った。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、自動車事故で亡くなったようだ。

 2016年1月に17歳でプリマヴェーラに加入したポピラは、10試合に出場するなど主力として活躍。その後、ポーランドでキャリアを続け、今季からはポーランド4部のスタル・ジェシュフでプレーしていた。

 カリアリはポピラの訃報を受けて、クラブ公式サイトに声明を発表。「サルディーニャ(カリアリの本拠地)に滞在中は常に笑顔だったポピラは、クラブに関わる多くの人たちに愛されていました。そして、カリアリに関わるすべての関係者が心から冥福を祈っています。さようなら、クリスティアン」と、哀悼の意を表した。

●セリエA2018-19特集

TOP