beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡亮太が今季初先発、自身の交代後にチームは逆転で4戦ぶりの白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半20分までプレーしたMF森岡亮太

[9.23 ベルギーリーグ第8節 アンデルレヒト2-1スタンダール・リエージュ]

 ベルギー・リーグ第8節が23日に行われ、MF森岡亮太の所属する4位アンデルレヒトはホームで6位スタンダール・リエージュと対戦し、2-1で勝利した。リーグ戦では4試合ぶりの白星。森岡は今季初先発を果たし、後半20分までプレーしている。

 ここ3試合未勝利(1分2敗)だったアンデルレヒト。前半45分にスタンダール・リエージュのMFムサ・ジェネポにドリブルから左足で決められ、0-1で後半へと折り返した。

 今季2試合目の出場となった森岡は後半5分、右クロスをFWイバン・サンティニが頭で落としたボールに反応。PA内中央で相手のスライディングを受けながらも右足のシュートに持ち込むが、ゴール左に外してしまった。

 森岡はゴール得点に絡めないまま後半20分に途中交代。アンデルレヒトは後半27分にMFアドリアン・トレベルの左CKがファーに流れると、サンティニが右足で蹴り込んで1-1とする。さらに後半アディショナルタイム4分、トレベルの右CKをDFブバカル・サネーが頭で叩き込み、2-1で逆転勝利を飾った。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP