beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ペップ惚れ込む18歳MFが全得点絡む好パフォーマンス!王者シティが3発完封で好発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィル・フォーデンがトップチーム初ゴール

[9.25 カラバオ杯3回戦 オックスフォード0-3マンチェスター・C]

 マンチェスター・シティは25日、カラバオ杯(リーグ杯)3回戦でオックスフォード(3部相当)と対戦し、3-0で快勝した。

 22日のプレミアリーグ第6節でカーディフを5-0で下し、開幕6戦無敗(5勝1分)としたシティは、DFジョン・ストーンズを除く10人を変更。トップデビューのGKアロ・ムリッチ、MFブラヒム・ディアス、MFフィル・フォーデンの10代若手に加え、DFビンセント・コンパニやMFダビド・シルバらが先発した。

 試合はシティの一方的な展開。前半19分にFWガブリエル・ジェズスがゴールネットを揺らし、オフサイドと判定されたが、36分に正真正銘のゴールを挙げる。右サイドのフォーデンがPA左へロングパス。胸で受けたディアスが鋭い切り返しから右足を振り抜くが、相手DFのブロックに阻まれる。それでも、このこぼれ球をジェズスが頭で押し込み、スコアを動かした。

 さらにシティは後半33分、自陣からフォーデンが出した絶妙なスルーパスでMFリヤド・マフレズが抜け出し、GKとの1対1を冷静に制して2-0。マフレズの公式戦2戦連発でリードを広げると、アディショナルタイム2分にはMFラヒーム・スターリングがPA左に出したパスをフォーデンが左足ダイレクトシュート。地を這うシュートがゴール右隅に突き刺さり、3-0とした。

 試合はそのまま3-0でシティが勝利。ジョゼップ・グアルディオラ監督も惚れ込む18歳MFがトップチーム初ゴールを含む1ゴール1アシストと活躍し、シティが連覇に向けて好スタートを切った。

●カラバオ杯2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP