beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オイペンが快勝で暫定9位浮上! 豊川雄太はGKと1対1も3戦ぶりゴール逃す

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発のFW豊川雄太は後半34分までプレー

[9.28 ベルギー・リーグ第9節 コルトライク1-3オイペン]

 ベルギー・リーグ第9節が28日に行われ、FW豊川雄太の所属する12位オイペンは敵地で11位コルトライクと対戦し、3-1で勝利した。3試合ぶりの白星で暫定9位に浮上。豊川は2試合ぶりに先発出場したが、第6節スタンダール・リエージュ戦(2-1)以来のゴールは挙げられず、後半34分に途中交代している。

 オイペンは前半4分、MFルイス・ガルシアのFKの流れからDFモルテザ・プラリガンジが右足でシュートを決め、先制に成功する。直後の同5分にはFWエリック・オカンセイのスルーパスを受けた豊川がDFを弾き飛ばし、PA内右でGKとの1対1を迎えるが、ループシュートは惜しくもクロスバーを越えた。

 すると前半6分、コルトライクのMFヨバン・ストヤノビッチに裏を取られ、同点ゴールを献上。それでも同24分にルイス・ガルシアのFKをMFシャビ・モリナが豪快に頭で叩き込み、2-1と再びリードを奪う。

 後半2分にはオカンセイの右クロスをファーのルイス・ガルシアが受け、右足で冷静に決めて3-1。豊川は同34分に交代で退き、チームはそのまま2点差で逃げ切った。次節は10月6日に開催され、オイペンはホームでアントワープと対戦する。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP