beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3戦連続で途中出場の武藤嘉紀、現地評価はチーム最高タイ「比較的明るい兆候」

このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤嘉紀に対して最高評価

 ニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀が、3試合連続の途中出場でまずまずの評価を手にしている。

 ニューカッスルは29日、プレミアリーグ第7節でレスター・シティと対戦。武藤はベンチ入りを果たし、レスターFW岡崎慎司もメンバーに入った。試合はFWジェイミー・バーディがアウェーのレスターに先制点をもたらす。すると、69分に武藤に出場機会が巡ってくる。精力的に走り回り、ゴールへの突破口を探った武藤だが、得点は生まれず、73分にDFハリー・マグワイアに決定的な追加点を奪われ、レスターが2-0で勝利している。

 途中出場の武藤に対して英紙『デイリー・メール』や『スカイ・スポーツ』はチーム最高タイとなる「6」の採点を与えた。また、地元メディア『クロニクルライブ』でも「6」となり、寸評では「他の選手と比べれば、明るい兆候を示した。エリア内にいいボールを入れたが、誰も合わせられなかった」と述べられている。

 ニューカッスルは開幕からいまだ勝利なしで、18位。降格圏に沈み、苦しんでいる。3試合連続途中出場中の武藤だが、チームを苦境から救う活躍が求められそうだ。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP