beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドーピング違反の31歳ナスリが近々復帰か?エバートンが獲得に意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加

サミル・ナスリが復帰か

 エバートンが元フランス代表MFサミル・ナスリ(31)の獲得を検討しているようだ。英『デイリー・メール』が伝えている。

 ナスリは、2016年12月にアメリカで治療の一環として受けた点滴静脈注射が世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のルール違反と指摘を受け、今年2月に6か月の出場停止が決定。しかし、8月に欧州サッカー連盟(UEFA)は再審議の結果、処分を18か月に延長すると発表していた。

 同紙によると、ナスリは来月からクラブでトレーニングを行うことが可能となるとなるようで、エバートンが獲得に興味を持っている様子。同クラブのマルコ・シウバ監督がナスリを高く評価しており、FWリシャルリソン、MFギルフィ・シグルドソンとレギュラーを争うような選手を獲得したいと考えているようだ。

 現在31歳のナスリは、マルセイユやアーセナル、マンチェスター・シティで活躍。2016年夏よりプレーしたセビージャではMF清武弘嗣とポジションを争った。2017年8月からはトルコのアンタルヤスポルに移籍。2018年1月に同クラブと契約を解除しており、現在はフリーとなっている。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP