beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“エリートクラブ集結”の欧州スーパーリーグの構想が進行中?独メディアがリーク、2021年から開催に向け調整か

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州スーパーリーグの構想が進行中か

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の代わりとして開催される可能性がある、ヨーロピアン・スーパーリーグの草案がドイツ『Der Spiegel』によりリークされた。

 以前からヨーロッパのエリートクラブ同士による新規トーナメントの構想が表面化しており、歴史的に名高い主要クラブが主導する形で交渉は進められてきた。そして2日、同メディアは2021年よりグループリーグ及びノックアウトステージにより構成される新規大会が開催され、ヨーロッパのトップ16クラブが参戦すると報じた。

 ドイツメディアの報道によると、スペイン2強のレアル・マドリーバルセロナ、プレミアリーグのトップクラブであるマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティリバプールチェルシーアーセナル、セリエAのユベントスミラン、そしてパリSGバイエルンを加えた11クラブが創設メンバーにあたる。

 この11クラブにゲストとして参戦する5クラブ(現状ではドルトムントアトレティコ・マドリーマルセイユインテルローマ)を加えた計16チームが最初に参戦するクラブとされている。なお、先の11クラブには今後20年間のシード権が与えられ、ゲストにあたる5グラブはシーズンごとに下部リーグへの降格があるようだ。

 しかし、この新規大会にはまだまだ不透明な部分が多々ある。現行のチャンピオンズリーグに代わって執り行われるものなのか、それとも参加するクラブが国内リーグから脱却してこの大会に参戦するのかは現段階で定かになっていない。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●セリエA2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集
●フランス・リーグアン2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP