beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

静学がFW塩浜2発などゴールラッシュ!インハイ予選Vの藤枝東は8強敗退:静岡

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権静岡県予選の準々決勝が4日に行われ、ベスト4が出揃った。準決勝は11日に行われる。

 プリンスリーグ東海で13勝2分の無敗で首位に立つ静岡学園高は、FW塩浜遼の2ゴールなど大量8得点を奪って清水東高に快勝。同リーグで2位につける浜松開誠館高は、新人戦準優勝の常葉大橘高に2-0で勝った。富士市立高と対戦した清水桜が丘高はMF古長谷千博の決勝点により4強入りを決めている。

 一方、今夏インターハイに出場した藤枝東高藤枝明誠高と1-1のままPK戦までもつれ込み、PK4-5で敗れて冬夏連覇を逃した。

[準々決勝](11月4日)
清水桜が丘高 1-0 富士市立高
清水東高 0-8 静岡学園高
浜松開誠館高 2-0 常葉大橘高
藤枝明誠高 1-1(PK5-4)藤枝東高

[準決勝](11月11日)
清水桜が丘高 - 静岡学園高
浜松開誠館高 - 藤枝明誠高

[決勝](11月17日)
未定 13:30 未定 [アイスタ]

●【特設】高校選手権2018

TOP